ワコーズのラジエーターストップリーク

https://sos-50cc.xyz

お店で作業 お知らせ 冷却水の水漏れ

CB1300SFのクーラント液漏れ応急処置

投稿日:




■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法のお問い合わせはご遠慮ください。

作業方法の問い合わせを頂いても当店では一切お答え致しません。

当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

修理方法やパーツの品番、サイズ等の確認は各メーカーへお問い合わせください。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は絶対に行わないでください。

★★★お知らせ★★★

ただいま車検に関するパート・アルバイトさんを募集しております/

車検に関するパート・アルバイト募集について

★★★★★★★★★★

■■■■■ブログ本編はここからです!■■■■■

こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今回は当店のご近所さんのお客様からCB1300SFのクーラント液が漏れてきちゃったんだけど、

なんとかなる?みたいな感じでご相談を頂きました。

バイクのクーラント液漏れ

バイクのクーラント液漏れ

お客さんも最近気が付いたらしく、漏れている量も少ないのですが漏れている場所がエンジンブロックの隙間の部分なので根本的な解決策はエンジンをばらしてガスケットを交換しなければならないのですが、とりあえずでも応急処置をしてほしいとのことでワコーズのラジエーターストップリークを使うことになりました。

ワコーズのラジエーターストップリーク

ワコーズのラジエーターストップリーク

ワコーズのストップリークは二輪車にも使えるので他社製品より安心感があります。

とは言え、使用できない車種もあるので使用する際は注意が必要です。

このストップリークをラジエーターキャップを開けて入れるのですが、CB1300が約2.7のLLCが入っていて入れられるのは総量の5パーセント以内との事なので1本丸々入れてしまうと入れすぎになってしまいます。

なので、様子を見ながら入れるのがよさそうです。

CB1300にストップリーク注入

CB1300にストップリーク注入

ストップリークを入れたらしばらくエンジンをかけたまま待ちます。

この手の補修材は水が漏れている部分にストップリークの成分が流れ込んで漏れている部分を塞いでいくので入れただけだと効果はありません。

おおよそ30分くらいアイドリングさせてから、さらに20~30分程度走行してLLCに圧力をかけながら循環させます。

一旦エンジンが冷えるのを待って、さらにエンジンをかけて水を循環させる作業を数回繰り返してみたところ水漏れは一応止まったみたいです。

このストップリークは漏れている部分を一時的に塞ぐ効果はありますが、また漏れてくる可能性も十分あるので次回漏れてしまったら本格的な修理が必要です。

でも、やっぱワコーズの製品はすごいな~と思いますね~

■■■バイクユーザー車検のご案内■■■

当店では総額35,000円からのバイクユーザー車検代行も行っております。
バイクの車検が近い方、車検切れでバイクの持ち込みでお困りのお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

バイクロードサービス運営会社


AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
〒370-1406
群馬県藤岡市浄法寺917-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

当店をご利用予定の方のみお電話ください。
ご自身で行う修理方法やパーツの適合確認など当店の業務と関係のないお電話はご遠慮ください。

■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法のお問い合わせはご遠慮ください。

作業方法の問い合わせを頂いても当店では一切お答え致しません。

当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

修理方法やパーツの品番、サイズ等の確認は各メーカーへお問い合わせください。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は絶対に行わないでください。

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

当店ロードサービスリンク


当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/




おすすめ記事一覧

-お店で作業, お知らせ, 冷却水の水漏れ

24時間バイクレスキューコール

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2022 All Rights Reserved.