https://sos-50cc.xyz

オイル交換 お知らせ ズーマー スクーターメンテナンス ホンダのバイク 自社代車

AF58ズーマーのギアオイルとエンジンオイルの交換

更新日:




★★★お知らせ★★★

<令和3年4月1日より義務化されております消費税込み価格表につきまして、当サイトでは順次価格変更を行っていきますので今しばらくお待ちください。なお、当サイトサービス価格につきましてはお電話にてご確認くださいますようお願い申し上げます。/p>

夜10時まで、お店でバイクのタイヤ交換が出来るようになりました。

詳しくはこちらからどうぞ!

★★★★★★★★★★

こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日はちょっと時間があったので自社の代車で使っているホンダ・ズーマー(FI車)のギアオイルとエンジンオイルの交換をしてみました。

スクーターには定期的に交換が必要なオイルが2種類あって、ひとつがよく聞きくエンジンオイルで、もうひとつがギアオイルと呼ばれるものです。

エンジンオイルは何となく想像がつくと思いますが、ギアオイルってどこだろうって??

って、思ってしまいますよね。

今回はたまたまズーマーだったわけですが、スクーターは原付でもビッグスクーターでもギアオイルが入る場所はほとんど同じような場所なので、興味があったら自分のスクーターのギアオイルの場所を調べてみてください。

一般的にスクーターのギアオイルは1万キロに1回程度で大丈夫ですが、よく走る人はもうちょっと短いタイミングで交換してもよいかと思います。

ズーマーのギアオイル交換

まず、ギアオイルがどこにあって、どんなタイミングで交換したら良いのかってことですよね。

ズーマーギアオイルは車体の左側でエアクリーナの下あたりにあります。

リアタイヤを回転させるためのギアがこの中に入っているので、そのギアの摩耗を防ぐためにオイルが入っています。

写真の赤い丸のネジがギアオイルの注入と排出をする穴です。

ズーマーギアオイル交換

ズーマーギアオイル交換

通常、エンジンオイルとかはネジ(ドレンボルト)が取れるのと一緒にドバドバ出てくるのですが、ギアオイルはエンジンオイルのように大量に入っていないのでネジをとってもこぼれてくることはありません。

逆にこぼれてきたら、前回の交換で入れすぎているという事です。

ズーマーのギアオイルは100mlなので、ネジを取った後に車体をかなり斜めに傾けてあげないと全部出て来てくれません。

そんなときは注射器みたいなもので吸い取ってあげるのが賢明かと思います。

ギアオイルの排出

ギアオイルの排出

注射器みたいなのは「シリンジ」と呼ばれるもので、自分でバイクのメンテをする人はもっていて損はない工具の一つですね。

ちなみに、この注射器見たいなシリンジで吸い取る前に車体を斜めにしてかなり排出して、もう出てこないかなと思っていたのですが、実際には30mlくらい吸い取れたので、車体を斜めにしただけでは全部抜き取るのは難しいようですね。

ギアオイルに使うオイルは?

推奨されているギアオイルはハイポイドの90なのですが、普通のエンジンオイルも流用可能なため今回は普通のエンジンオイルを使います。

うちで普段使っているオイルは10W-40でバイク専用のものを使用しています。

バイクのエンジンオイル

バイクのエンジンオイル

普段サービスカーのトラックに搭載しているオイルですがスクーターのオイル交換では1回に600㏄とか700㏄くらいしか使わないので、20Lあるとなかなか減りません(^^)/

今回はこのオイルを100㏄入れます。

こだわりのある人にはヤマハのギアオイルがおすすめです。

ヤマハのギアオイルは定評があります。

ヤマハギアオイル

ヤマハギアオイル

2サイクルのオイルとしても使えるオイルです。

入れる容器は専用というわけではないのですが、容器を押すと中の液体が押し出されるタイプのものが便利です。

ギアオイルを注入

ギアオイルを注入

以前使っていた容器がぼろくなってしまったので、今回は新品の容器です。

1個200円とか300円くらいです。

ギアオイルを注入

ギアオイルを注入

100ml全部入れても基本的にあふれてくることはありません。

あふれてきたらアウトなので、もう一回排出してやり直すのが良いかと思います。

あふれてしまうのは以前のギアオイルが抜き切れていないか入れすぎの証拠ですね。

これでギアオイルの交換は終了です。

当店ではタイヤ交換とかエンジンオイル交換のついでにでも出来ますので、気になる方はお申し付けください。

ズーマーのエンジンオイル交換

ここからはズーマーのエンジンオイル交換の様子です。

今お乗りのスクーターのエンジンオイルって、最後に交換したのがいつごろか覚えていますか???

メーカーの推奨では1年に1回程度とかあるようですが、毎日使うスクーターなら3ヶ月に1回は交換してもよいくらいです。

うちのズーマーは代車で使用しているためあまり走行距離が伸びてなくても3か月に1回は交換しています。

ズーマーのエンジンオイル交換では、まずオイルを抜くところから始めます。

用意するのがオイルを排出させる紙パックと頭が17ミリのソケットレンチです。

あと、ドレンボルトにかませるアルミとか銅のワッシャーです。

ズーマーのエンジンオイルのドレンは車体の左側にあります。

ズーマーのオイル交換

ズーマーのオイル交換

オイルの排出時は市販のオイルボックスがあると便利です。

ホームセンターとかカー用品店で簡単に入手出来て、廃棄時は可燃ごみで出せますのでオイル交換時には用意してください。

ズーマーのオイル排出

ズーマーのオイル排出

それ程汚れてなさそうですが、数百キロ走行しただけでオイルに黒ずみが出て来ています。

ある程度オイルが出てきたら、ここでも車体を斜めに傾けて全量のオイルを出し切ります。

ズーマーのオイル交換

ズーマーのオイル交換

最後はちょろちょろって出てくる程度ですが、最後まで出し切るのが理想ですね。

写真を撮り忘れてしまったのですが、オイルを出し切ってドレンボルトを付ける前にワッシャーを新品に交換して取り付けします。

入れるオイルはさっき使った10W-40のバイク用オイルです。

容量は600㏄です。

オイルジョッキに測って入れるのが良いですね。

エンジンオイルはちょっと少ない分には問題ないのですが、入れすぎには注意してください。

ズーマーのエンジンオイル交換

ズーマーのエンジンオイル交換

オイルの注入口は車体の右側です。

マフラーステーの根元のあたりです。

なんか棒が飛び出しているところです。

この棒を外すとオイルが入れられます。

オイル注入

オイル注入

この穴にジョッキのさきっぽを突っ込んでゆっくり入れます。

ドバって入れちゃうとあふれてしまうのでゆっくりです。

いきなり全部入れるよりかは、時々容量を確認してあげるのが無難です。

オイルレベルゲージ

オイルレベルゲージ

レベルゲージの規定値内であれば問題ないので少し足りない感じのほうが良いと思います。

マックスまで入れるのは問題ないのですが、入れすぎは注意してくださいね。

ちなみにレベルゲージの見方は、棒をただ挿すだけです。

ぐるぐる回してふたをしてはダメです。

ただ穴に突っ込んで引き抜くだけです。

適量にセット出来たら作業完了です。

当店ではスクーターのエンジンオイル交換はオイルと工賃を入れて980円です。

オイル交換の詳細はこちら

オイル交換をさぼってしまうとエンジンオイルが漏れやすくなるだけではなくエンジンの焼き付きも起こってしまうので、原付のオイル類は早め早めで交換してくださいね~。

■■■バイクユーザー車検のご案内■■■

当店では総額35,000円からのバイクユーザー車検代行も行っております。
バイクの車検が近い方、車検切れでバイクの持ち込みでお困りのお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

■■■ バイク販売はじめました! ■■■

販売準備ができたバイクからアップしていきますので是非ご覧ください。

バイクロードサービス運営会社


AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
〒370-1406
群馬県藤岡市浄法寺917-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

【当店HP】
https://sos-50cc.xyz/

■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法をお問い合わせ頂いてもお答えできませんので、当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は行わないでください。

無料の代車あります

当店修理でスクーターをお預かり中は無料で代車の貸出が出来ます。

出張による修理が困難な場合や部品調達で時間がかかる場合などご利用頂けます。

代車貸し出しについてはこちら
サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

当店ロードサービスリンク


当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/




おすすめ記事一覧

-オイル交換, お知らせ, ズーマー, スクーターメンテナンス, ホンダのバイク, 自社代車
-

24時間バイクレスキューコール

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2021 All Rights Reserved.