スクーターのタイヤ

https://sos-50cc.xyz

スクーターメンテナンス

危険!スクーターのタイヤ劣化で起こること

■■■お願い■■■

最近、当ブログを見た方からご自身で修理を行うための作業方法の電話問い合わせが多く非常に困っています。

ご自身で行う修理方法や故障個所の原因確認等のご質問は各メーカーまたはお近くの各ディーラーさんで聞いてください。

お電話でのお問い合わせは当店のサービスをご利用予定の方のみとさせて頂いておりますのでご理解くださいますようお願い申し上げます。

当店ロードサービスの出動時には電話連絡の後に出動依頼のフォームよりお客様情報をご記入ください。

ロードサービスのお申し込み

お電話を頂いてもお申し込みがない場合は出動が出来ません。

■■■■■ブログ本編はここからです!■■■■■

こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今回はスクーターのタイヤの劣化についてのお話です。

みなさん、今自分が乗っているスクーターのタイヤの交換って、いつしたか覚えていますか~?

スクーターのタイヤ

劣化してしまったタイヤ

新車で買ってから、一度も交換していない・・・

中古で買ってきてから交換なんてしていない・・・

何年か前に交換した記憶はあるけど、よく覚えていない・・・

たぶん、こんな感じの方が多いと思います。

スクーターのタイヤで、特にリアタイヤは思っている以上に劣化や摩耗が進んでいる事があるので時間があるときにでも一度よ~くみてくださいね。

まず、タイヤの状態ですが見た目で溝が少なかったりヒビが見えるタイヤは、すでに交換時期と思ったほうがよいでしょう。

ひび割れのバイクタイヤ

まず、見た目でタイヤにひびが入っている場合は前回の交換から数年経っている場合にみられる現象です。

主な原因としてタイヤの空気圧が低いまま走行していると上のような写真のようになりやすいです。

ヒビが入ったままのタイヤで走行してしまうと、ヒビからエアー漏れがはじまりパンクしてしまいます。

上の写真は極端すぎますが、下の写真は結構ふつーにみられる現象です。

ホンダディオタイヤパンク

こうしたひび割れたタイヤで走行しているとタイヤの中の空気圧を維持できなくなりタイヤとホイールの分離というトラブルが出てきます。

走行中にいきなりタイヤとホイールの分離が起こるので、スピードが出ている時だったりカーブを曲がっている最中は転倒に繋がるので非常に危険ですね。

下の写真は走行中にタイヤとホイールの分離が起こってしまったスクーターです。

ビードからエアー漏れ

次に、タイヤの摩耗によるトラブルです。

当店でパンク修理のご依頼で一番多いケースで、気が付いたときにはタイヤがツルツルになり穴が開いてしまうパンクです。

普段何気なく乗っているスクーターも、走行距離が伸びてくればタイヤも摩耗してきます。

スクーターのリアタイヤは走行中の負担が大きいため、思っている以上に摩耗していることがあります。

タイヤの溝が見えにくくなったときが目視で確認できるタイヤ交換のサインですが、見逃してしまうと限界を超えて走行中でも破裂してしまいますので要注意です。

日常的に会社の通勤などで使っているスクーターに多いので、溝の変化に気が付いたら早めの交換をして下さいね。

最後にタイヤではないのですが、タイヤに空気を入れる「エアーバルブ」の劣化についてです。

原付パンク

エアーバルブの劣化

上の写真はタイヤも劣化していますが、空気を入れるエアーバルブの劣化によりエアー漏れが起こってしまったタイヤです。

一般的にはタイヤと一緒にエアーバルブは交換するのですが、交換時に異常が無かったりすると再利用してしまう事があります。

タイヤと違って路面との摩擦はないけれど寒い時期に空気を入れる時など、バルブに余計な力が加わることで簡単にヒビ割れが起こってしまいます。

エアーバルブからのエアー漏れは一気に空気が抜けることはないのですが、漏れてしまった場合は修理が出来ないので交換するしかありません。

タイヤ交換時にまだ大丈夫と思っていても、一緒に交換することでパンクの防止にもなるのでエアーバルブは毎回新しいものと交換してくださいね。

アドレスVのタイヤ交換

スクーターは気軽に使えて便利な乗り物ですが、自転車と違ってスピードも出るため走行中のパンクは時として大けがに繋がることがあります。

新品のタイヤでも毎日の走行距離が長い場合は半年から1年でタイヤの溝がなくなってしまう事もあり、荷物を多く載せがちだったり体重が重い人もタイヤの摩耗が進みやすいです。

これから暖かくなってくるとスクーターに乗る機会も増えてくると思いますので、タイヤの劣化や摩耗の点検はしっかりしておくのがいいですね。

当店ではタイヤのパンク、チューブのパンク、エアーバルブの破損によるパンクも出張作業で行う事が出来ますので、もしものパンクの時は一度ご相談ください。

バイクロードサービス運営会社


AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

お願い:当店のご利用予定のない遠方の方のお問い合わせはご遠慮願います。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
〒370-1406
群馬県藤岡市浄法寺917-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

営業電話は固くお断りします。
営業電話は即着信拒否とします。

当店通常営業時間
9:00~22:00

緊急時以外のお電話は9:00~20:00の時間帯にお願い致します。

緊急時で困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

当店のご利用が現実的でない遠方の方の電話連絡はご遠慮ください。

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

バイクユーザー車検のご案内

当店では総額35,000円からのバイクユーザー車検代行も行っております。
バイクの車検が近い方、車検切れでバイクの持ち込みでお困りのお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

GEV600電動スクーター販売

GOCCIA・GEV600電動スクーターの販売を始めました。
当店には試乗車もございますのでGEV600を是非ご体験ください!!

1回の充電で最大70Km走行可能でかかる電気代は1回約25円!

GOCCIA・GEV600

GOCCIA・GEV600

グーバイク掲載

当店はグーバイクに在庫車両の掲載を行っております。

原付バイクから大型バイクまで扱っておりますのでご興味がありましたら是非ご覧ください!!

グーバイク掲載バイクはこちら

当店ロードサービスリンク


当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/







おすすめ記事一覧

-スクーターメンテナンス
-