キャブレターの燃料つまり

https://sos-50cc.xyz

GB250クラブマン エンジントラブル お知らせ キャブレター ホンダのバイク

キャブレターの燃料つまり

投稿日:




★★★お知らせ★★★

<令和3年4月1日より義務化されております消費税込み価格表につきまして、当サイトでは順次価格変更を行っていきますので今しばらくお待ちください。なお、当サイトサービス価格につきましてはお電話にてご確認くださいますようお願い申し上げます。/p>

夜10時まで、お店でバイクのタイヤ交換が出来るようになりました。

詳しくはこちらからどうぞ!

★★★★★★★★★★

こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

少し前、僕の持っているホンダGB250クラブマンのキャブレターが詰まってしまいました。

原因は単純で、長期間乗らずに放置してしまったことです。

最後にバイクのエンジンをかけたのが、約4か月前の6月ごろで梅雨入り前の事だったと思います。

普段は仕事でバイクに乗っている時間もいないのですが、近所のホームセンターに行く用事が出来たので、晴れていたしすぐにもどって来られるからバイクに乗っていこうと思ってエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからなくなってしまいました。

燃料コックからつながる燃料ホースへは燃料が流れているのですが、キャブレターのドレンボルトを緩めても燃料が出てこないのでキャブレターのつまりだと分かりました。

キャブレターにはフロートと呼ばれる「浮き」が入っていて、燃料少なくなると浮きが沈み、沈んだ時に燃料ホースから燃料がキャブレター内に入ってきて、常に一定量のガソリンだけが入るようになっています。

キャブレターの燃料つまり

キャブレターの燃料つまり

上の写真の燃料の出口はフロートに取り付けられた円錐状の小さい部品のさきっぽにゴムで出来たパーツが燃料ホースから落ちてくるガソリンの蓋の役目をしています。

キャブレターに燃料が落ちてこない場合は、たいていこの部品が張り付いているか、ごみや燃料の腐食で浮遊物が出来てしまい燃料が流れなくなってしまいます。

燃料のバルブ

燃料のバルブ

この先っちょ部分が固着してしまうと燃料が流れなくなってしまい、ゴミとか付着物が付いてしまい燃料の蓋が出来なくなると燃料がドレンからダダ漏れになってしまいます。

なので、この部品のクリーニングか交換と、この部品が塞ぐべく穴の周辺のクリーニングをしてあげれば燃料のつまりと燃料漏れのトラブルは解決できます。

ちなみに、この小さな部品が塞いでくれている燃料の通り道の穴も小さいので、クリーニングキットが必要になります。

キャブレタークリーナーツール

キャブレタークリーナーツール

アマゾンで調べると900円しないでセットが売っています。

燃料がキャブに流れ込んでいなそうなときは、キャブのフロートのあたりを軽くたたいてあげると固着していたゴムのパーツが動いて直ってくれることもありますが、燃料がダダ漏れの場合は分解してクリーニングしてあげないと症状が改善してくれません。

たいていの場合は、キャブを車体から取り外すまでが面倒なので、作業が億劫になってしまいますが、バラすのが嫌いでない方はちょっとチャレンジしてあげるとバイクも調子よくなると思います。

長期間放置で燃料コックをオンにするとキャブのドレンホースから燃料が流れ出てしまう場合は、ほとんどがこの症状なのでドレンから漏れちゃって困った時はご相談ください。

原付車から400㏄くらいまでの単気筒エンジンなら、出張修理でもなんとかなると思います。

■■■バイクユーザー車検のご案内■■■

当店では総額35,000円からのバイクユーザー車検代行も行っております。
バイクの車検が近い方、車検切れでバイクの持ち込みでお困りのお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

バイクロードサービス運営会社


AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
〒370-1406
群馬県藤岡市浄法寺917-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

当店をご利用予定の方のみお電話ください。
ご自身で行う修理方法やパーツの適合確認など当店の業務と関係のないお電話はご遠慮ください。

■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法をお問い合わせ頂いてもお答え致しません。

当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

修理方法やパーツの品番、サイズ等は各メーカーへお問い合わせください。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は行わないでください。

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

当店ロードサービスリンク


当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/




おすすめ記事一覧

-GB250クラブマン, エンジントラブル, お知らせ, キャブレター, ホンダのバイク
-

24時間バイクレスキューコール

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2021 All Rights Reserved.