エアー式ブレーキブリーダー

https://sos-50cc.xyz

お知らせ スクーターメンテナンス 不動バイク

油圧ディスクブレーキのホースを交換したらエア抜きが出来ない

更新日:




■■■■ おしらせ ■■■■

2020年9月より新店舗へ移転となりました。
新店舗住所
〒370-1406群馬県藤岡市浄法寺917-1
(旧コンビニ跡地)
お近くをお通りの際は是非お立ち寄りください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は天気がいいですね!

時々電話で「ブレーキホースを交換したら、ブレーキフルードが通らなくなってしまった」みたいな事を相談される方がいらっしゃいます。

フロントブレーキのマスターシリンダーからタイヤに付いているキャリパーまでの間をつないでいるホースですが、劣化によるひび割れで交換とか、メッシュでカバーされたちょっとカッコいいホースに変えてみたなど理由はいろいろあると思うのですが、ホースを外してしまうと「エア抜き」という作業が必要になります。

ブレーキホースの交換

ブレーキホースの交換

通常、ホースの中はブレーキフルードでいっぱいになっているのですが、マスターシリンダーから外してしまうとオイルが抜けて空気が入るというか、オイルの密閉性がなくなってしまいます。

そして、新しいホースを取り付けつと当然ですが、オイルが入っていないのでマスターシリンダー→ブレーキホース→ブレーキキャリパーとオイルを送り込まないといけないのですが、単純にマスターシリンダーにオイルを入れてブレーキレバーをクシュクシュすれば充填されているものではありません。

おそらくこのページを見ている方の多くはマスターシリンダーに入れたブレーキフルードがホースまで送られないというような症状で困っていると思います。

この状態はマスターシリンダーやホースが悪いのではなく、大量のエアーがホース内に入っているためマスターシリンダーからオイルを押し出すことが出来ないだけです。

簡単な解決方法はただひとつ。

キャリパーのドレンコックから強制的にエアーを吸い出してあげるのが良いと思います。

キャリパーのドレンコック

キャリパーのドレンコック

この穴からエアーとかフルードが出てくるので、この穴に吸引させる装置をセットします。

あとはブレーキフルードが底をつかないように注意しながらエアーを吸引してしまえばほぼ解決します。

吸引には手動式とエアー式がありますが、エアー式でもやすいのが出ているので、エアーコンプレッサーなど準備できる方は、こうしたエアー式のブレーキブリーダーがいいと思います。

エアー式ブレーキブリーダー

エアー式ブレーキブリーダー

工具専門店でも売っているし、安いものであればネットショップでも入手できます。

価格は4,000円~2万円を超えるものまでピンきりですが、それほど高いものでなくても結構使えます。

あまり安いやつは、タンクのプラスチックが薄かったりして、エアーを吸引するときにタンクが負圧で潰れてしまうことがあります。

こうなると使えなくなってしまうので、タンクはしっかりしたものが良いですね。

エアーが抜けたら、通常通りで手動によるエア抜きを数回行って、しっかり油圧が機能することを確認してから試乗して下さい。

エア抜きが甘いとブレーキの効きが悪いので非常に危険です。

ブレーキは重要装置のひとつなので、よくわからない人はショップに頼むとか知ってる人に見てもらうなどして作業してくださいね。

★★★お知らせ★★★

2020年7月より当店代車にビッグスクーターのスカイウェイブが仲間入りとなりました(^^♪
ビッグスクーターの修理や部品交換で数日のお預かりの場合は事前にご相談頂ければ無償でお貸しできますので、是非ご利用ください。

代車のスカイウェイブ

代車のスカイウェイブ

当店ではバイクのユーザー車検代行も行っております。
車検が近づいているお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

ロードサービス運営会社

AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
〒370-1406
群馬県藤岡市浄法寺917-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

【当店HP】
https://sos-50cc.xyz/

■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法をお問い合わせ頂いてもお答えできませんので、当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は行わないでください。

無料の代車あります

当店修理でスクーターをお預かり中は無料で代車の貸出が出来ます。

出張による修理が困難な場合や部品調達で時間がかかる場合などご利用頂けます。

代車貸し出しについてはこちら

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

当店ロードサービスリンク

当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/




おすすめ記事一覧

-お知らせ, スクーターメンテナンス, 不動バイク
-

24時間バイクレスキューコール

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2020 All Rights Reserved.