ウェイトローラーの交換

https://sos-50cc.xyz

お知らせ スクーターメンテナンス ドライブベルト交換 ホンダのバイク

ホンダ・トゥデイAF61のドライブベルト交換

更新日:




こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

先日、自社代車のホンダ・トゥデイのドライブベルト交換を行いました。

自動車と違って走行距離の信憑性にかける原付なので、お客様に貸出中にベルトが切れてしまっては大変なのでベルトとウェイトローラーとスライドピースという部品を交換しました。

ベルトの交換はそれほど難しいものではないので、多少工具の持ち合わせがあれば是非チャレンジしてみて下さい(^^)

強力なエアーインパクトか電動のインパクトがあれば特に問題ないのですが、手動の工具しかない場合はプーリーを止めているナットが外れないので、専用の補助工具を用意してから作業を行って下さい。

まずは、ドライブベルトが入っているカバーの取り外しです。

ボックスレンチの8ミリにエクステンションを付けて取り外すのが良いと思います。

キックペダルは外さなくても問題ないのでカバーのネジだけ外してくださいね。

AF61トゥデイのドライブベルト交換

ネジを6本外すとカバーがとれますが、1本だけ長いねじがあるので注意です。

慣れていれば長いネジの場所はわかりますが、はじめてだとわからなくなってしまうので場所を覚えておいて下さい。

AF61トゥデイのドライブベルト交換

カバーが取り外せたらプーリーとベルトが見えてきます。

この2個のプーリーのネジが手動の工具では回すのが大変なので専用の補助工具を使うか、インパクトを使ってネジを外して下さい。

ネジの緩む方向は2個とも反時計回りです。

ヤマハの125ccでは逆ネジを使っている車種もあるので、注意してくださいね~

当店で使っているインパクトは電動インパクトレンチで、600Nmの強力タイプです。

インパクトがあれば、手で抑えておくだけでネジが回ります。

原付クラッチプーリ

下の写真は付いているベルトです。

ベルト全体に亀裂が見えるので、いつ切れてもおかしくない状況です。

スクーターのベルトは思っているほど頑丈ではないので1万キロに1回は交換しておくのが良いと思います。

切れる前の交換なら30分程度で済みますが、切れてしまいベルトの繊維が前後のプーリーに絡みついてしまうとかなり厄介な状況になってしまいます。

ホンダ・トゥデイのドライブベルト交換

前後のプーリーとベルトを取り外せたら、次はウェイトローラーも一緒に交換しておくのがいいです。

ウェイトローラーは車種別に重さが違うので純正の重さを調べてから部品の調達をして下さい。

今回のAF61ホンダ・トゥデイは6.5gの純正パーツを使用します。

ドライブベルトとスライドピースも純正を使います。

下の写真のパーツの中にウェイトローラーが入っています。

ウェイトローラーの交換

分解したのがこれです。

AF61ウェイトローラーの交換

パット見は摩耗しているかわかりませんが、高いパーツではないのでパーツの手配が出来るようなら交換しておくのが無難です。

このパーツが破損したりズレてしまったりするとアクセルを開けてもスピードが出なくなったりします。

色々と原付をいじれる人であればこのウェイトローラーの重さを変更してあげると加速が良くなったり、最高速度が高くなったりして楽しめますが、よくわからない場合はベルトもウェイトローラーも純正か純正同等品で交換して下さい。

ホンダ・トゥデイのドライブベルト交換

ホンダ・トゥデイは車体自体も中国製のため、純正部品はすべてメイドインチャイナです(^^)

純正品はすぐには入手出来ないのですが、事前に交換の予定があれば当店でも取り寄せが出来ます。

それから、純正のウェイトローラーは取付方向があります。

ウェイトローラーをよく見ると穴の開いている左右の見え方が違います。

社外品でもパーツの左右があったりしますので取付時は注意して下さい。

ホンダ・トゥデイのウェイトローラー交換

純正のドライブベルトにも回転方向があります。

見えやすく矢印があるので回転方向は気をつけてくださいね~

ホンダ・トゥデイのドライブベルト交換

あとは、取り外した順番に組み付けていけば作業終了です。

ウェイトローラーを組み付ける時は中でウェイトローラーがズレたり落ちたりしてしまうのでしっかり付けてくださいね。

当店では走行中にドライブベルトが切れてしまった場合でもその場で修理が可能です。

原付サイズのドライブベルトは常時在庫しておりますので、エンジンがかかっているけれど前に進めなくなった時は是非ご相談下さい。

ただし、ウェイトローラーの在庫はあまりないので、夜間や早朝の場合はウェイトローラーの用意ができない場合もありますのでご注意下さい。

 

★★★お知らせ★★★

2020年7月より当店代車にビッグスクーターのスカイウェイブが仲間入りとなりました(^^♪
ビッグスクーターの修理や部品交換で数日のお預かりの場合は事前にご相談頂ければ無償でお貸しできますので、是非ご利用ください。

代車のスカイウェイブ

代車のスカイウェイブ

当店ではバイクのユーザー車検代行も行っております。
車検が近づいているお客様がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

バイクユーザー車検代行こちら

ロードサービス運営会社

AT-1群馬自販ロードサービスは群馬・埼玉・栃木・軽井沢を対応エリアとした原付スクーター・ビッグスクーター・ビジネスバイクのロードサービスを行っております。

その場で修理出来ない故障でも原付から大型バイクまで搭載可能なトラックでバイク回収も出来ます!

出張修理やサービス内容に関しましてご相談・ご質問等ございました時は下記までお問い合わせください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)
【藤岡鮎川ベース】
〒375-0042
群馬県藤岡市鮎川802-1
代表者:近藤功(こんどういさお)

困った時はお電話ください
0120-789-810

急ぎの時は近藤携帯へどうぞ
090-9153-4198

【当店HP】
https://sos-50cc.xyz/

■■■お願い■■■

当ブログを参考として、ご自身で行うための作業方法やトラブル解消方法をお問い合わせ頂いてもお答えできませんので、当店ご利用予定のない方のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

当ブログの内容と同様の作業をお客様ご自身で行った結果、作業箇所に不具合・故障・破損等が発生したり事故等が発生した場合でも当店は一切責任を負いませんので、ご自身による作業はご自身の責任と理解をしたうえで十分注意して行ってください。
また、作業に自信がない方や適切な工具がない方は事故やトラブルに繋がりますので、ご自身での作業は行わないでください。

無料の代車あります

当店修理でスクーターをお預かり中は無料で代車の貸出が出来ます。

出張による修理が困難な場合や部品調達で時間がかかる場合などご利用頂けます。

代車貸し出しについてはこちら

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

当店ロードサービスリンク

当店はスクーターのロードサービスのほか、自動車の出張パンク修理や自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援など自動車のロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://gunma-roadservice.com/

【車・トラック・出張パンク修理】
https://tirechange.xyz/

【自動車キーとじ込み開錠】
https://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
https://batteryhelp.xyz/

【ユーザー車検代行】
バイクユーザー車検出来ます!
https://kakuyasushaken.jp/




おすすめ記事一覧

-お知らせ, スクーターメンテナンス, ドライブベルト交換, ホンダのバイク
-

24時間バイクレスキューコール

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2020 All Rights Reserved.