前橋市でホンダ・ジョルノ出張タイヤ交換

こんにちは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

今週は天気良くないみたいですね~

昨日は前橋市のお客様でホンダ・ジョルノのパンク修理でご相談を頂き出張でタイヤ交換を行いました。

ご依頼時に状況を聞いてみると、釘やネジが刺さったわけではないけれど空気を入れても抜けてしまうとの事でした。

こうした状況の場合に多いパターンとしてはタイヤがホイールと合わさる部分でビードと呼ばれるゴムが経年劣化で固くなってしまいエアー漏れが起こる症状です。
この他ではタイヤに空気を入れるエアーバルブがヒビや劣化でエアー漏れすることもあります。

タイヤとホイールが分離
(タイヤとホイールが分離)

現場に到着してお客様のスクーターを見てみると釘とかの異物は刺さっていないので、恐らくビードからエアー漏れを起こしているケースと思われます。

ビードからエアー漏れ

こうしたビードからのエアー漏れはタイヤが比較的新しい場合はビードシーラーなどを塗っておけばほぼ確実に止まるのですが、劣化したタイヤの場合はビードシーラーを入れてやはり漏れてしまうようです。

今回はお客様とご相談の上タイヤ交換にて対応となりました。

当店では常時在庫でスクーターの各種サイズを保管しておりますので、急なパンクやタイヤ交換でもすぐに対応可能です。

リアタイヤの場合はマフラーを外す必要があるので、マフラーを固定するネジのサビつきがなければ約30分くらいで作業が終わります。

当店のサービスカーはLEDの照明も搭載しているので、夜間でも作業が出来ます。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でスクーターのパンクやタイヤ交換でお困りの際は一度ご相談下さい。

スクーターは50ccから250ccくらいまでのビッグスクーターのタイヤ交換も出来ます。