ビックスクーター ホンダのバイク 北群馬郡のスクーターパンク

ホンダフュージョン250出張タイヤ交換

投稿日:

ホンダフュージョン250出張タイヤ交換

おはようございます。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

今日は暖かい陽気になるそうですね~。

さてさて、昨日は北群馬郡のお客様にご予約を頂いてホンダのビッグスクーター、フュージョン250の出張タイヤ交換を行ってきました。

ご依頼を頂いたお客様はパンクした現状で車両を安く購入し、これからカスタムを楽しむようです♪

パンクしているフュージョン250

お客様のご自宅で作業させていただいたのですが、到着時はこんな感じです。

しかし、前のオーナーさん
よくぞここまで走れたと思ってしまいます・・・

取り外したフュージョン250のタイヤ

フュージョン250のタイヤ交換時はマフラーとタイヤの左側についてるステーを外す必要があるのですが、フュージョンの場合はこの作業がちょっと厄介です。

なぜならば、マフラーを外す際にエンジンとマフラーを接続させている2本のボルトが出ているのですが、リアタイヤの上についているので結構な確率でボルトがサビサビになっています。
今回は運良くステンレス製の袋ナットがついていたので、サビは大丈夫だったのですが固定するブラケットがかなりアバウトな造りでなかなか苦戦しました。

しかし、ある程度は苦戦の予想をしていたのである意味想定内。

タイヤを外したフュージョン250

ココまで出来れば後はタイヤを組み替えて、元の状態に戻すだけです。
フュージョン250のタイヤ交換はココまでが山場です。
ここをクリアーしてしまえばゴールが見えてきます。

出張タイヤ交換のフュージョン250

今回は在庫のタイヤを2種類ご用意してお客様に選んで頂きました。

ちなみにフュージョン250のリアタイヤは120/90-10というサイズです。
このサイズはヤマハのVOXやビーウィズ、マーズなんかにも使用されるサイズですね。

いずれにしてもチューブレスなので組み換えはコツはいるけれど意外と簡単に出来てしまいます。

ただ、今回はついていたタイヤがかなり硬化していたのでビードを落としてから少々苦難がありました・・・

なんだかんだで悪戦苦闘があったものの、今回も無事にタイヤ交換完了です。

タイヤ交換完了後のフュージョン250

フュージョン250など、ビッグスクーターはパンクしてしまうと押して歩くにも重すぎるし、自分で車を手配するにも軽トラには搭載時にウィンチが必要なくらい重たいし、取りに来てくれるバイク屋さんもなかなか見つからなかったりします。
今回はお客様のご自宅でしたが、出先でパンクなんてしまうとこのサイズのバイクはお手上げ状態になってしまいます。

当店では出張でタイヤ交換が出来ますので、ご自宅でも外出先でも作業ができます。

釘などの異物を踏んでしまったパンクだけなら10分から15分程度で直りますし、交換の場合も30分から1時間程度かかってしまいますが、その場で作業ができますのでビッグスクーターや原付スクーターでパンクをしてしまった時はご相談下さい。

現在フュージョンとマジェスティのりあタイヤで使用するサイズは常時在庫をしておりますので休日でも夜間でも早朝でも対応可能です。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でビッグスクーター・原付スクーターのパンクで困ったときはお電話下さい。










-ビックスクーター, ホンダのバイク, 北群馬郡のスクーターパンク
-,

Copyright© スクーターバイク出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2017 All Rights Reserved.