ビードシーラー

http://sos-50cc.xyz

スクーターメンテナンス ビードシーラー

スクーターのタイヤ交換をしたけど空気が減ってしまう・・・

投稿日:




こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

時々お客様から質問されることですが、自分でスクーターのタイヤ交換をしたら新品タイヤなのに空気の減りが早いという内容です。

スクーターのタイヤはチューブレスタイヤが主流になっており、タイヤの空気圧でタイヤとホイールの密着性を高めてタイヤの形状を維持しています。

慣れない作業でせっかく組み上げたけど、イマイチうまくいかないときに参考にしてみてください。

スクーターのタイヤを交換後の空気の減りが早い原因

  1. タイヤとホイールの密着性が悪い
  2. ホイールが変形している
  3. エアーバルブが劣化している

1・タイヤとホイールの密着性が悪い

この症状は輸入タイヤによくみられる現象でビードと呼ばれるタイヤとホイールが密着する部分のゴムが固かったりすることで起こります。

タイヤのビード

スクータータイヤのビード

あまり聞いたことがない中華製の激安タイヤではこのビードからのエアー漏れはかなり多いと思います。

前記の通りでチューブレスタイヤはタイヤの空気圧でホイールとタイヤの隙間を密閉してタイヤの形状を保持しているためビードの密着性が悪いとエアー漏れが出てしまいます。

こうした状況でもホイールに変形がなければビードシーラーと呼ばれるペースト状のタイヤの密閉剤を塗布することで症状が改善されます。

ビードシーラー

ビードシーラー

タイヤとホイールを組み込んだ状態でエアーを入れる前に左右のビードに塗布してあげます。

ビードシーラーを塗布したら早めにエアーを入れて規定圧までエアーを充填してください。

ビードシーラーは数分で乾くので、乾いたらビード部分に石鹸水などをかけてエアー漏れをチェックしてください。

ビードシーラーを使用してエアー漏れが出ていなければ、これで作業終了です。

あと、慣れない作業でホイールにタイヤを組み込むときにビードをタイヤレバーなどで傷をつけてしまう事でエアー漏れが出てしまう事もあります。
損傷が小さければビードシーラーの塗布で何とかなりますが、えぐり取ってしまうような損傷の場合はタイヤがつかえなくなってしまうので注意が必要です。

2・ホイールが変形している

タイヤの空気が少ない状態で走行していて、段差や低い縁石を通過させてしまうとホイールが変形してしまう事があります。

原付スクーターではスポーツモデルでもない限り通常は鉄ホイールが使われていますので、歪みのある部分をハンマーなどで叩いて修正するのが手っ取り早いです。

アルミホイールの場合は個人レベルでは修正不可能なため曲がってしまったら交換が必要になってしまいます。

ホイールのゆがみが原因でエアー漏れが出ている場合は見た目で確認できることも多いので、一応ホイール全体を確認して見てください。

3・エアーバルブが劣化している

比較的多いのがエアーバルブの劣化によるエアー漏れです。

エアーバルブ

エアーバルブの劣化

上の写真は当店の代車で使用しているホンダトゥデイのリアタイヤでエアーバルブは新品交換済みのものです。

このエアーバルブの付け根あたりが劣化してしまうとヒビが入ってエアー漏れを起こします。

タイヤ交換時はエアーバルブがきれいに見えても、必ず新品交換を行うようにしてくださいね。

エアーバルブだけ交換する場合もタイヤ交換と同じ工賃がかかってしまうので、数百円程度の商品なので必ず交換してください。

ちなみに当店の出張タイヤ交換ではご予約を頂いたお客様には無料でエアーバルブの交換を行っておりますので、お急ぎでない場合は是非ご相談ください(^^♪

当店では出張でスクーターのパンク修理やタイヤ交換を行っております。

記事の最初に出ているビードシーラーの塗布も出張で行えますのでスクーターのタイヤパンクやトラブルでお困りの際は是非ご相談ください。




おすすめ記事一覧

-スクーターメンテナンス, ビードシーラー
-,

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2018 All Rights Reserved.