スクーターのタイヤ

http://sos-50cc.xyz

スクーターメンテナンス

危険!スクーターのタイヤ劣化で起こること

投稿日:




こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今回はスクーターのタイヤの劣化についてのお話です。

みなさん、今自分が乗っているスクーターのタイヤの交換って、いつしたか覚えていますか~?

スクーターのタイヤ

劣化してしまったタイヤ

新車で買ってから、一度も交換していない・・・

中古で買ってきてから交換なんてしていない・・・

何年か前に交換した記憶はあるけど、よく覚えていない・・・

たぶん、こんな感じの方が多いと思います。

スクーターのタイヤで、特にリアタイヤは思っている以上に劣化や摩耗が進んでいる事があるので時間があるときにでも一度よ~くみてくださいね。

まず、タイヤの状態ですが見た目で溝が少なかったりヒビが見えるタイヤは、すでに交換時期と思ったほうがよいでしょう。

ひび割れのバイクタイヤ

まず、見た目でタイヤにひびが入っている場合は前回の交換から数年経っている場合にみられる現象です。

主な原因としてタイヤの空気圧が低いまま走行していると上のような写真のようになりやすいです。

ヒビが入ったままのタイヤで走行してしまうと、ヒビからエアー漏れがはじまりパンクしてしまいます。

上の写真は極端すぎますが、下の写真は結構ふつーにみられる現象です。

ホンダディオタイヤパンク

こうしたひび割れたタイヤで走行しているとタイヤの中の空気圧を維持できなくなりタイヤとホイールの分離というトラブルが出てきます。

走行中にいきなりタイヤとホイールの分離が起こるので、スピードが出ている時だったりカーブを曲がっている最中は転倒に繋がるので非常に危険ですね。

下の写真は走行中にタイヤとホイールの分離が起こってしまったスクーターです。

ビードからエアー漏れ

次に、タイヤの摩耗によるトラブルです。

当店でパンク修理のご依頼で一番多いケースで、気が付いたときにはタイヤがツルツルになり穴が開いてしまうパンクです。

普段何気なく乗っているスクーターも、走行距離が伸びてくればタイヤも摩耗してきます。

スクーターのリアタイヤは走行中の負担が大きいため、思っている以上に摩耗していることがあります。

タイヤの溝が見えにくくなったときが目視で確認できるタイヤ交換のサインですが、見逃してしまうと限界を超えて走行中でも破裂してしまいますので要注意です。

日常的に会社の通勤などで使っているスクーターに多いので、溝の変化に気が付いたら早めの交換をして下さいね。

最後にタイヤではないのですが、タイヤに空気を入れる「エアーバルブ」の劣化についてです。

原付パンク

エアーバルブの劣化

上の写真はタイヤも劣化していますが、空気を入れるエアーバルブの劣化によりエアー漏れが起こってしまったタイヤです。

一般的にはタイヤと一緒にエアーバルブは交換するのですが、交換時に異常が無かったりすると再利用してしまう事があります。

タイヤと違って路面との摩擦はないけれど寒い時期に空気を入れる時など、バルブに余計な力が加わることで簡単にヒビ割れが起こってしまいます。

エアーバルブからのエアー漏れは一気に空気が抜けることはないのですが、漏れてしまった場合は修理が出来ないので交換するしかありません。

タイヤ交換時にまだ大丈夫と思っていても、一緒に交換することでパンクの防止にもなるのでエアーバルブは毎回新しいものと交換してくださいね。

アドレスVのタイヤ交換

スクーターは気軽に使えて便利な乗り物ですが、自転車と違ってスピードも出るため走行中のパンクは時として大けがに繋がることがあります。

新品のタイヤでも毎日の走行距離が長い場合は半年から1年でタイヤの溝がなくなってしまう事もあり、荷物を多く載せがちだったり体重が重い人もタイヤの摩耗が進みやすいです。

これから暖かくなってくるとスクーターに乗る機会も増えてくると思いますので、タイヤの劣化や摩耗の点検はしっかりしておくのがいいですね。

当店ではタイヤのパンク、チューブのパンク、エアーバルブの破損によるパンクも出張作業で行う事が出来ますので、もしものパンクの時は一度ご相談ください。






おすすめ記事一覧

-スクーターメンテナンス
-

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2018 All Rights Reserved.