こんばんは。
AT-1群馬ロードサービスの近藤です。

先週末は伊勢崎市でヤマハボックスの出張タイヤ交換に行って来ました。

ご依頼を頂いたお客様はリアタイヤがパンクしていてフロントタイヤも摩耗が進んでいるので前後とも交換してほしいとの事でご連絡を頂きました。

ヤマハボックスリアタイヤ交換

ヤマハボックスのタイヤは前後とも120/90-10が装着してあり、お客様はタイヤのメーカーやタイヤパターンは問わないとの事で、当店在庫のブロックタイヤを装着させて頂きました。

しかし、このVOXというスクーターはぱっと見では原付の50㏄には見えない大きさですね(汗)

タイヤも10インチだけど120の太さは昔からあるスクーターからはイメージできないほど大きいですね~

個の写真だけ見てたら50㏄のスクーターのタイヤになんて見えないです・・・

ヤマハボックスのタイヤ交換

リアの次はフロントタイヤの交換なのですが、フロントタイヤを持ち上げるために車体をジャッキで上げるのですが固い部分がないので、今回はジャッキに板を乗せて一部分だけに圧力がかからないように工夫して前輪の交換を行いました。

ヤマハボックスのフロントタイヤ交換

一般的なスクーターの場合はフレームの金属部分が見えていたりするので、その固そうな部分にジャッキをかけておくのですが今回は全面的にプラスチックの部品のためこの作戦で交換です。

VOXフロントタイヤ交換

フロントタイヤもリアタイヤと一緒のブロックタイヤです。

ん~

やっぱり太い。

ちなみにこれが交換前のタイヤです。

VOXフロントタイヤ

タイヤのセンター付近は摩耗がすすみスリップラインも消えているようです。

このくらいの摩耗になると、いつでも交換時期なのでタイヤの摩耗に気が付いたら早めの交換がいいですね。

当店は群馬と埼玉と軽井沢周辺を対応エリアとしてスクーターの出張タイヤ交換を行っております。

タイヤのパンクでお困りの際はお電話くださいね(^^)/