深谷市でスズキアドレスV125の出張タイヤ交換

 

こんにちは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

昨日は深谷市のお客様からご連絡を頂きスズキリード125の出張タイヤ交換に行って来ました。

アドレスV125の出張タイヤ交換

自宅から数キロ離れた職場へ向かおうとしたところ、少し走ったところでタイヤの異変に気が付いて自宅まで戻って来たとの事でした。

ご自宅に到着しアドレスV125のタイヤを見てみるとリアタイヤがペチャンコになっていました。
いつも50㏄の原付ばかりを修理しているので、時々125とか250のスクーターを見ると大きいなぁ~と思ってしまいます。

アドレスV125の出張タイヤ交換

タイヤ全体の摩耗も進んでいるため今回は前後ともタイヤ交換との事でご依頼を頂きました。

交換用のタイヤは前後とも自社で常時在庫があるので、サイズを確認して持ってきました。

それから今回はタイヤ交換に必要なビードブレーカーを新しくして、初めての実践となりました。

新調したビードブレーカー

従来のは小さくて出張の時に便利だったのですが、50㏄以外のタイヤ交換の場合に結構力を入れないとビードが落ちてくれなかったのですが、新しいビードブレーカーは簡単にビードが落ちてくれて作業効率が良くなります♪

ビードが落ちてくれれば、あとはサクサクとタイヤ交換です。
エアーバルブも新品に交換して、ビードにはビードシーラーもしっかり塗ってエアー漏れを防止します。

交換したスクーター用タイヤ

続いてフロントタイヤも交換です。
タイヤの溝がほとんどなくなってしまっているので丁度いい替え時です。

アドレスV125のフロントタイヤ交換

アドレスV125のタイヤはリアが100/90-10でフロントは90/90-10と前後でサイズが違います。
原付はほとんど前後同一サイズですが、125以上は前後異径が多いのでタイヤを準備するときは間違えないように気を付けています。

アドレスV125のタイヤ交換

フロントタイヤは原付と同じですが、ブレーキディスクがあるので、ディスクをかわせる枠とかある場合はディスク面を下にして交換すると楽です。

アドレスV125のタイヤ交換

今回の交換では前後交換で約1時間で終了。

当店は出張でスクーターの出張パンク修理とタイヤ交換を行っております。
原付スクーターでも出かけた先でパンクしてしまうと、押して歩くのも一苦労なのでパンクで困ったときはご相談ください。

ご自宅でも外出先の現場でもお客様のご指定の場所でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が行えます。