GB250クラブマン

GB250クラブマンのスロットルワイヤー交換

投稿日:

GB250クラブマンのスロットルワイヤー交換

こんにちは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

今日はちょっと番外編です。
僕の乗っているGB250クラブマンのスロットルワイヤー交換の様子を記事にしてみました。

このバイクは1年ちょっと前にヤフオクで結構ボロい車体を買ってきて、地道に部品を交換しながら乗れるように直しました。

交換した部品は前後タイヤとチューブ、チェーン、前後スプロケット、リアタイヤのハブダンパー一式、チョークワイヤー、スロットルワイヤー、クラッチワイヤー、クラッチ一式、スパークプラグ、プラグコード、フロントブレーキディスク、バッテリーなどなど・・・

手がかかりましたが、現在はかなり調子よく走ってくれています。
今回のスロットルワイヤーは随分前に買っていたものの、交換する時間がなくて後回しになっていました。

スロットルワイヤーは燃料タンクの下を通っているのでタンクを外す必要があります。
また、タンクを取るためにシートも外さないといけないので、最初はシートから外します。

GB250スロットルワイヤー交換

その後はハンドル右側のスロットルケーブルが通っているところをばらして2本のワイヤーを取り外します。

スロットルワイヤーはスロットルを開けるワイヤーと戻しのワイヤーがあるので間違わないように気をつけます。

手元が外れたら、今度はキャブレター側のケーブルを取り外します。
順番が違うと取れないので、順を追って外します。

スロットルワイヤー

ケーブルが外れたら、後は付いていたとおりに新しいワイヤーを取り回して付けるだけですね。

古いスロットルワイヤー

上の写真は小さくて申し訳ないのですが、元々ついているワイヤーと新しいワイヤーです。

付くようにしかつかないので間違える心配は無いですが、取り回しには気をつけたいですね~

後はタンクとシートを戻せば完了。

多少の工具を持っている人であれば、1時間くらいで終わります。

新しいワイヤーはアクセルワークのレスポンスが良くなるので、ちょっとワイヤーが気になる方は交換してみて下さい。

ちなみに、この手の修理も出張で出来ます。

部品は買ったけれど、自分では付けられない方や工具がなくて付けられない方も、困った時はご相談下さい。

 










-GB250クラブマン
-

Copyright© スクーターバイク出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2017 All Rights Reserved.