ページトップ画像

スクータードライブベルト破断の出張交換

スクーター特有のトラブルで、エンジンはかかるけどタイヤが動いてくれないという症状があります。

これはスクーターの駆動系の部品で「ドライブベルト」(Vベルト)が切れてしまうことで起こる症状です。

走行中にドライブベルトが切れてしまうとエンジンはかかっているけれどバイクが動かなくなってしまいます。

スクーターのトラブルの中では比較的多い故障で、一時的に走行できなくなってしまいますがドライブベルトを交換してしまえば今まで通り走行できるようになります。

よくあるご質問

お客様
スクーターのエンジンはかかるけれど、前に進んでくれなくなってしまったのですが・・・
店長の近藤さん
恐らくドライブベルトが切れてしまったと思います
お客様
ドライブベルトって何ですか?
店長の近藤さん
自転車で例えると、チェーンに相当する部品で切れてしまうとリアタイヤが動かなくなってしまいます
店長の近藤さん
上の写真のようなベルトがエンジンとタイヤの間に入っています
お客様
ドライブベルトの修理って出来るんですか?
店長の近藤さん
修理というより交換になります。当店は50㏄のドライブベルトは各種サイズ常時在庫で持っていますので出張修理も対応可能です
お客様
いくらくらいで交換出来ますか?
店長の近藤さん
ドライブベルトが切れた状態や出張地域にもよりますが、藤岡市近隣地域では救援基本料金と部品代と交換工賃を含めた総額で約16,000円~20,000円くらいです
店長の近藤さん
事前にご予約を頂ければ救援基本料金がお値引きできます

当店通常対応エリア内であれば24時間対応でお客様の現場へ急行いたします。

ドライブベルトが切れてしまい、スクーターが動かなくなってしまったら、早めにエンジンを停止させてお電話ください。

ベルトが切れたままエンジンをかけ続けてしまうと切れたベルトがプーリーやクラッチに絡みついて状況が悪化してしまいます。

ドライブベルト(Vベルト)の破断とは?

スクーターは外からは見えないけれど、エンジンの出力を後輪タイヤに伝達するためにドライブベルト(Vベルト)と呼ばれる部品が使用されています。
分かりやすく言うと自転車のチェーンと同じような役目の部品です。

走行中は高回転するため劣化したベルトは破断する危険性があります。

通常の走行時はエンジンをかけて、アクセルをひねるとエンジンの回転が上がってスクーターのリアタイヤが回りだして前進します。

ドライブベルト(Vベルト)の破断とは、エンジンの出力をリアタイヤに伝えるドライブベルトが切れてしまう事で、エンジンはかかるけれど、リアタイヤが動かなくなってしまうトラブルです。

定期的にドライブベルトの交換をしていないとエンジンは動くけれど走行できない状態になってしまいます。

ドライブベルト

新品の交換用ドライブベルト

原付スクーターのドライブベルトは一般的に8,000キロから10,000キロに1回は交換が必要です。

新車から乗っていれば交換のタイミングが分かりますが、中古車の場合は乗り出す前にベルトを交換しておくのが無難です。

下の写真はドライブベルトが切れた状態です。

この状態では、エンジンはかかるけれどリアタイヤは動いてくれなくなってしまいます。

切れてしまったドライブベルトを除去して新しいドライブベルトを組み込めば、走行可能になります。

複雑な破断でなければ出張交換でも1時間くらいで直ります。

スクーターのドライブベルト交換完了

ドライブベルト交換修理

上の写真はお客様が走行中にベルトが切れてしまい出張作業で交換を行った様子です。

アクセル全開状態または全開に近い状態で切れてしまうとベルトが粉砕してプーリーにベルトの繊維が絡んでしまうことがあります。
下記のような状況になると絡まった糸の除去に時間ががかってしまう場合があります。

ドライブベルトが切れる

ベルトが粉砕して絡まる

ベルトが切れてしまったと思ったら、早めにエンジンを停止させてください。

ベルトが切れたままエンジンが回転することでベルトの粉砕を引き起こしてしまう事もあります。

お電話頂ければ修理または回収に向かいますので到着までしばらくお待ちください。

ウェイトローラーについて

ウェイトローラーはエンジン側のプーリーの中に入っている金属とプラスチックカバーで出来た重りの部品です。

エンジンの回転数が高くなるとプーリー内のウェイトローラーも遠心力で移動して無段階のギアチェンジのような役目をしています。

このウェイトローラーは消耗品なので、ドライブベルト交換時は一緒に交換することをお薦めしております。

ウェイトローラーが破損してしまうとプーリーが動かなくなり、スピードが出なくなったり坂道が登れない状態になり、せっかくドライブベルトを交換してもウェイトローラーが原因で走行できなくなってしまう事もあり得ますので注意が必要です。

スクーターは通常6個のウェイトローラーを使用しており(スズキは3個)1台当たり1200~1700円程度の部品です。

交換工賃もドライブベルト交換と一緒に行えば安く済みますので、ご予算に余裕があれば交換しておきたい部品です。

ドライブベルト出張修理料金について

ドライブベルト破断出張交換基本料金:8,000円(税別)

ドライブベルト本体価格:2,000円~4,500円(税別)

排気量別交換工賃(価格は税別)

原付 4,500円
51~125㏄ 5,500円
ビッグスクーター 7,000円

ベルトの残骸が絡みついた場合の除去作業:2,000円~4,000円(税別)

ウェイトローラー交換工賃(ご希望のお客様のみ):500円~2,000円程度です

ウェイトローラーの部品代は1台当たり1,200円~1,700円くらいです。

その他、出張地域により別途出張費用および時間帯により時間外料金が発生致します。

出張ドライブベルト交換の概算料金

お客様の現在地、現在時刻などを選択して下さい。

出張修理のお問合せはフリーダイヤル
0120-789-810

お急ぎの際は携帯へどうぞ
090-9153-4198

ドライブベルト交換関連記事

ズーマードライブベルト交換2

ズーマードライブベルト交換

ホンダトゥデイドライブベルト交換

ヤマハジョグドライブベルト交換

アドレスV100ドライブベルト交換

ホンダトゥデイドライブベルト交換

ご予約による出張修理がお得です♪

事前のご予約で救援基本料金が特別価格でご提供出来ます。

修理や交換は必要だけど、お急ぎではない場合はお得な料金で修理・交換が出来ますので是非ご利用ください。

前日までのご予約のほか、割引条件が変更となりますが当日のご予約も承りますので、困ったときはご相談下さい。

出張修理のご予約

当店のロードサービスでは車両回収による修理の際は代車の無償貸し出しが可能です。

修理完了まで当店代車を移動の足としてご利用ください。

代車のToday

当店代車のToday

夜間早朝のトラブルも対応いたしますのでお困りの際はAT-1群馬自販ロードサービスの近藤までお問い合わせください。

サイト運営者の近藤です

サイト運営者の近藤です

24時間フリーダイヤル:0120-789-810

お急ぎの時はいつでもお電話ください。
近藤携帯:090-9153-4198

出張サービスカーはこんな車です

当店のサービスカーはその場で修理が出来るようにエアーコンプレッサーや発電機を搭載し、バイクを固定するジャッキや素早く安全に車両の分解・組み立てが行えるインパクトレンチなど様々な専用工具が搭載されております。

照明もしっかりと装備してありますので夜間でも作業を行うことが可能です!

作業担当者

ロードサービスの出張修理は私、近藤がお伺い致します。
出張作業に特化しておりますので、お客様のトラブルも全力で対応致します!

(趣味は登山とスキーです♪)

近藤携帯:090-9153-4198

友だち追加

LINE友達追加はAT-1群馬自販ロードサービスです
料金のお問い合わせや故障個所の画像送信にご利用ください。
(当店からの不要な広告は発信いたしませんのでご安心ください)

運営会社

AT-1群馬自動車販売ロードサービス
(中古車販売店兼務)

本部:群馬県藤岡市上栗須43-7
TEL:0274-25-9810
前橋工場:群馬県前橋市小神明町565
TEL:050-5319-1911

営業時間

通常営業時間 9:00~20:00
(ロードサービスは24時間対応)
夜間早朝業務(割増時間帯)20:00~翌9:00






おすすめ記事一覧

更新日:

Copyright© スクーターロードサービス出張パンク修理と出張タイヤ交換 , 2018 All Rights Reserved.